読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恣意的なある断片からみた世界

IT/政治/哲学/ビジネス全般/株/現代社会の考察?

   映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』      ~人間性を人間よりもつ人間ではない存在~(ネタバレあり)

バイオハザードシリーズの完結編である『バイオハザード:ザ・ファイナル』
を見た感想として大きく二点考えたことがある。

①地球を救うために一度壊すという着想
 
 〇アンブレラ社の目的
  本作でアンブレラ社の目的が明らかになった。
  Tヴィルスが飛散したのは事故ではなく、
  意図的に行われたことであった。
  その目的とは、”世界の再構築”である。
 
  人口は増加の一途をたどり、地球温暖化、エネルギーの枯渇などが
  発生し、地球は死の淵にいる。
 
  リセットが必要である。これがアンブレラ社の上層部の答えだ。
 
  Tヴィルスで地球上の生物を浄化(根絶)し、
  選ばれし者たち(アンブレラ社の幹部)は地下施設で冬眠装置にて
  浄化の完了を待つ。

  時が来たら、幹部たちは冬眠装置から起き、新たな世界を構築する
  という構想であった。 


 〇広く共有される破滅の価値観
  地球は死にかけており、打開するためには一度リセットするしかない
  という着想は、先日公開された映画「インフェルノ」も同様であった。
  他にも、映画「インターステラ」も近い着想である。

  近年の映画には上記の思想は非常に多く見られるものである。
  
  人類の発展によって地球が破滅へと向かい、結果として人類が
  滅亡するという発想。
  これは、一部の資本主義に警鐘を鳴らす人々による特殊なもの
  であるとこれまでは考えていた。
  『暴走する資本主義』のロバート・ライシュや、
  『産業社会の病理』の村上 泰亮がその代表的な論者である。

  しかしながら、今回『バイオハザード・ザ・ファイナル』を見て、
  地球破滅の思想は一般の人々にもかなり広く前提として
  受け入れられるようになってきているのではないかと
  感じた次第である。


②人間性を人間よりもつ人間ではない存在
 
 「アリス、あなたは私たち人間よりもずっと人間的なものをもっているわ」

 上記は、アリシアからアリスに対しての台詞である。

 〇本作に登場する三つの存在
  本作では、三つの存在が登場する。
  一つ目が、人間である。
  二つ目が、オリジナルの人間を基に作られたクローンである。
  三つ目が、人工知能である。

 〇人間的とは何か
  人間的であるとはどのようなことか。
  この問いは哲学分野で繰り返し論じられてきたことである。
  私は、非合理的な〈内発性〉だと捉えている。
  内から湧き出る内発的な動機によって合理を超えた行動を
  行為することが人間的であると考える。

  アリシアの台詞を引用したが、アリシアの使用している人間的も
  私の捉え方と概ね合致していると考えている。


 〇人間的なものを有するのはだれか
  その上で、人間的なものを有するのは誰なのだろうか。
  映画の中では、人間(=アンブレラ社の幹部)は
  最も人間的なものから離れた存在として描かれる。
  アンブレラ社以外の人間は、弱者であり、死ぬ運命にある。  
  生き残る人間=アンブレラ社の幹部は合理的に結論を導く。
  そこには、内発的なものは存在しない。

  人口知能であるレッドクイーンは、アンブレラ社を裏切り、
  アリスの味方をする。
  この正当性の根拠は、人命を最優先するという最上位プログラムだと
  レッドクイーンは主張する。
  もしこれが正しいのであれば、全面的にアリスをサポートしてよい
  はずであるが、実際にはアンブレラ社の命令に大きく反することは
  できていない。
  であれば、やはり上記の主張は困難があり、
  アリスに情報提供をしたのは内発的な動機に
  基づくものではないのかと推測される。

  最後に、アリスであるが、アリスは創られたクローンである。
  アリスは自分が人間でないと知った後でも、
  自身の命よりも人類の存続を優先する。
  アリシアの台詞はそのようなアリスの意志を受けてのものである。

 〇人間性を人間が失った世界で
  人工物が人間性を保持するというアイロニー
  
  本作の世界では、力の強い人間が生き残る。
  しかし彼らは人間性を失った。

  代わりに、人間性をプログラムされた人工知能
  創造されたクローンが人間性を保持するという皮肉。

  そして、これは今後の現実の社会でも十分に起こりうる
  事態であると私は感じた。