読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恣意的なある断片からみた世界

IT/政治/哲学/ビジネス全般/株/現代社会の考察?

いえない (RADWIMPS)を聴いて考えたこと

君のいない世界で僕は
はじめて君が望んだ僕になる

 

情熱が冷めるその音を
この耳で聞くくらいならば・・

 

 

〇『いえない』について

 RADWIMPS

Xと○と罪と

作曲︰野田洋次郎

作詞︰野田洋次郎

 

〇この曲が訴えていること

 冒頭で引用した歌詞がすべてである。

 この曲で“僕”が恐れていること、

 それは自分の愛情が冷めてしまうこと。

 それが恐くてしょうがない。

 最愛の人への愛情が冷めてしまう。

  いずれ冷めてしまうことが分かっているのだ。

  ただ一つだけそれを避ける方法がある。

  「君が今死ぬこと」である。 

  今君が死ねば、“僕”はずっと君に縛られ続けることができる。

  君のことをずっと想うことができる。

  だから頼むから死んでください。

  そんな曲だと思う。

 

〇共感

 私は強く共感した。

 今、大切で愛している“君”。

 だけど、どうしても愛情が薄れてしまうだろうと予感してしまう。

 相手の愛情が冷めてしまうのではなく、

 自分が冷めてしまう。

 自分の感情なのに、コントロールができない

 これまで自分がかけてきた甘い言葉、誠実な言葉を裏切るのは自分だ。

 そのことがくやしくて、でもどうしようもできない。

 そう、相手が死ぬようなことがなければ。

 こんな感情を表現した音楽にこれまで出会ったことがなかった。

 ずっと心に残り続ける名曲となると思う。